2013年7月5日金曜日

あまりにも斜め上だったので愚痴ってみる( ̄□ ̄

『CLIP STUDIO PAINT』の先行プレビュー版がリリースされたので、
期待していた機能の『対象定規』を試すべく、早速DLしてみましたo(・ω・o

が!(゚ロ゚屮)屮

とりあえず先に、『対象定規』の機能を説明すると、



こんな感じで、
例えば、定規の左側に描いた絵を、右側に反転コピーするなど、
自動的に線対称・点対称の画像を生成してくれる機能です。

というわけで、左右対称の絵を簡単に作成できる便利機能だと期待してました(`・ω・´)
でも、思いっきりその期待の斜め上の機能でした(´・ω・`)

具体的には、



こんな感じで、一度描いた絵を加工しても、それが反映されないのです(´・ω・`)
ラスタレイヤーに描かれた絵に消しゴムを掛けても、
ベクタレイヤーに描かれた線を編集しても、
それらを移動させても、
何をしても反映されません∑(´□`;)

百歩譲って、ベクタレイヤーの編集結果や、移動が反映されないのをよしとしても、
消しゴムすら反映されないのはいかがなものか( ̄□ ̄;


訂正:
打ち消し線部分の記述に関して、
ツールの設定を変えることで反映させられるようです。

http://www.clip-studio.com/clip_site/support/request/detail/svc/54/tid/38783



そして、それ以上に問題だと感じたのが、
例えばハートを描きたいと思った時に、




こんな感じで、定規を跨いで絵を描けてしまうこと。



このように、綺麗な左右対称の画像が作れると思っていたのに、
おもいっきり裏切られてしまいました(´・ω・`)



選択範囲やマスクを使っても、このような中途半端な画像ができるだけなので、
正直、使いづらいとかそういうの以前に、使い道すらよく分からない状況です(´・ω・`)

ホント、この定規ってどういう時に使うんだろ(’’?
正直、手動で反転コピーしたほうがずっと便利だと感じるレベルの機能でした( ̄ω ̄A゛


う~ん、正式版までに、私の期待通りの仕様になってくれないものか(’’
まぁ、そんなことは無いだろうな(-ω-


後ついでに、もう一つ愚痴(´・ω・`)

カラーパレットの数値入力時にTabキーを押してみましたが・・・

相変わらず、フォーカスが移りませんね( ̄□ ̄;

要望も結構でてる(ハズな)のに、
なんで頑なに、TabやEnterでフォーカス移るようにしないんだろ(’’?

マウス操作でも、フォーカス移すのにクリックが2回必要ですし、
ホント使いづらいんですよねこの部分(-ω-

1 コメント :

きらん さんのコメント...

純粋に、横に鏡を置いたみたいだったら良かったっていう話ですかね(’’

コメントを投稿