2013年7月19日金曜日

【3DCG】何かCELSYS製品に愚痴ってばかりな気がする(--A゛

『CLIP STUDIO MODELER』のベータ版が、一般向けに公開されました。
というわけで、早速試してみたんですが・・・

これまた予想外に斜め下なモノでした(--;

(以下、ソフトの使用はすぐにやめましたし、説明書もパラパラ見ただけなので、
前回みたいに間違いがあるかも知れません)

とりあえず、前にTwitterで、



と呟きましたが、
簡単にUV展開出来る出来ない以前に、
そもそもUVマッピング自体ができませんでした(・・;

一応、他のソフトでUV編集したデータをインポートした場合に、
UV情報が破棄されたりせず、ちゃんとマッピングされてるので、
製品版ではUVマッピング出来るようになっている可能性が高いですが・・・

ホント、円柱・平行投影の2種類しか選べないというのには、
悪い意味で驚かされました(--;


次に、入出力に対応してるファイルの種類にも大いに疑問が!

とりあえず何故、『c2fc(CELSYS独自形式)』や『fbx』が無いのかっΣ(゜゜
(しかも保存には『cmo』という、新たな独自形式が使われている)

『CLIP STUDIO MODELER』を選ぶ理由は、普通に考えて、
他の『CLIP STUDIO』シリーズとの連携目的が多いのではと思いますが、
特に『c2fc』に対応していないというのは、
連携そのものを放棄しているように見えて気持ちが悪い。

また仮に、上記2形式に対応したとしても、
本ソフトでできることは本当にモデリングだけであり、
ボーンを仕込むことが出来ないので、その点でも連携が取りづらい(・・;
特に『CLIP STUDIO ACTION』なんかは深刻なんじゃないですかね(’’?

一応、『CLIP STUDIO COORDINATE』の『モーションシェル』を使うテもありますが、
それだと細かい設定はできませんし、非人型にも対応してないので、
ほぼ、作成できるモノが(単純な)人型に限られてしまう。

勿論、これらは製品版までに改善される可能性はありますが・・・
ホント、どうしてこうなった(・・;


更には、操作性にも難があって・・・

例えば、『CLIP STUDIO COORDINATE』、『CLIP STUDIO PAINT』の3D機能では、
カメラの操作方法が

左クリック:回転
中クリック:平行移動
右クリック:ズームイン・アウト

となってますが、
『CLIP STUDIO MODELER』ではこれとは違う操作を要求され、
『CLIP STUDIO』シリーズを使用していても馴染みづらいものとなっていました。

これなら、同社も取り扱っている『Metasequoia』の方が、
操作が近い分よっぽど馴染みやすいです。
(ついでに無料版もある)

何故、操作方法をシリーズ共通にしないのか・・・


上記以外にも不満点は多く、そんなこんなで何をするにしても、
わざわざ『Shade 13』から乗り換える必要ないなと、使ってみて思いました。

っていうか、本当にこんな仕様で発売するんですかね(’’?

販売価格が5,000円程度なら『Metasequoia』、
10,000以上なら『Shade』辺りが大きく立ちはだかることになりますね。

0 コメント :

コメントを投稿